ブライダルリングの価格は内容で決まる

ブライダルリングの価格とデザイン重視について

石の品質

指輪、特にエンゲージリングに欠かせないのが石になります。一般的には愛が永続的に続くという意味合いで天然の物質のなかでも一番固く傷つくことおなく永遠に輝き続けるダイヤモンドが支流となっております。

このダイヤモンドも品質のランクがありそれが高いものであればあるほど高価になってきます。ダイヤモンドを品質を評価する基準に4Cといわれるものがあります。これはCut(カット)、Carat(カラット)、Color(カラー)、Clarity(クラリティ)になります

カット、これはダイヤモンドの光の屈折率を緻密に計算して施される研磨のことです。ダイヤモンドと聞いてイメージする際光輝く姿はこのカットにかかっているのです。カッティングの種類として一番有名なのはラウンドブリリアンカットです。これは丸い形にカットされており、ダイヤの美しさを最高に引き出してくれるカットになっております。ほかにもダイヤの大きさを強調するオーバルシェイプや楕円のようで先端がとがっていて石が多く見えるマーキスカットというのもあります。

カラットとは重さになります。このカラットによってダイヤの直径が変わりカラット数が高くなるほどダイヤは大粒になっていきます。

カラーとはダイヤの色味のことを言います。透明度が高ければ高いほど高価になっていきます。ただピンクやブルーなどの色のだいやはファンシーカラーとも呼ばれて珍重されていますので、色つきダイヤのすべての質が悪いということではないようです。

クラリティとはダイヤの透明度を表すものです。原石に含まれる不純物やキズ、欠けなどが少ないほど透明度はましてグレードも上がります。ここで人気があるのは肉眼では判別しにくいレベルのものです。それ以上になると顕微鏡でないと違いがわからないからです。

このようにブライダルリングといってもデザインや石の種類などでも様々なタイプのものがあり、選ぶものによって価格も変化していきます。ブライダルリングは一生涯みにつけるものになります。一番なのは上限を定めて、それに合ったデザインや石を二人でよく吟味して結婚指輪の購入をしましょう。

素材重視

次はリングを形作るアームを決める必要があります。

アームとはリングの留め金や指を通す金属の輪の部分のことをさします。ここの部分もいろいろな種類もありますので、たとえば手持ちのジュエリーや時計とのコーディネートで選んだり、手や肌をきれいに見せてくれるデザインやカラーを選んだりします。

代表的なアームの素材としてはプラチナ・ゴールド(イエローゴールド)・カラーゴールド・ステンレススティールなどがあります。プラチナはよく聞かれる方もおおいかと思いますが、希少性が高く地金としてとても人気がある貴金属です。白色の金属になり白金とも呼ばれており、結婚指輪としてはとても人気が高いものになっております。

ゴールドはプラチナに次いで人気があります。そのなかでもぱっと目を引く黄金の輝きをもつイエローゴールドは銀や銅といったほかの金属を配合した純度75%の金でなっており、ゴールド本来の輝きをもちながらも耐久性にすぐれ、ゆがみや傷に強いのがメリットになっております。

カラーゴールドとはゴールドに様々な貴金属、銀や銅などといったものを加えることで、本来のイエローだけでなく多彩な色合いを表現できるようになりこちらも人気が上昇しております。たとえばほんのりと桜色のニュアンスがあるピンクゴールドや鮮やかな紅色が特徴のローズゴールドなど女性を中心に人気を博しております。

ステンレススティールも人気が高まってきてります。色合いなどからシルバーやプラチナと比較されることもあります。ステンレスはさびにくい・汚れにくいという意味、スチールには鋼という意味があり、熱に強く腐食や参加しにくい性質をもった金属でまた金属アレルギーのもととなる金属イオンもほとんど溶け出さないため金属アレルギーを持っている人も比較的安全に身に着けられとのことが人気の一つになっています。

デザイン重視

まず、ブライダルリングを購入するに当たり重要なのはデザインになるのではないでしょうか。どちらも長く身につけておくものです。いろいろなタイプのものがあるのでちゃんと見て自分に合ったものを見つけることが大事です。

エンゲージリングで代表的なデザインといえばリングの真ん中に一粒の石だけ配したソリティア、メインの石とその周りに飾りとして色つきの石をあしらうメレ、小さな石を敷き詰めて石畳を意味しているパヴェなどが代表的なものとして挙げられています。

マリッジリング
は日常身に着けるものなのであきの来ないタイプでシンプルなデザインを好まれる方が多いです。このマリッジリングの内側には結婚式の日付とイニシャルを刻んだり、二人だけの言葉を刻むカップルも多いようです。

そのほかにもエンゲージ・マリッジの両方を兼ねているタイプのリングも現在人気をはくしております。毎日身につけられるタイプでしかもファッション性に優れているものになっており、代表的なものとして宝石がリングの周囲に途切れることなく並んでいるデザインのエタニティやフラワーやハートなどの愛らしいモチーフをかだどったモチーフなどがあります。

こうしたものから自分や相手にあったものをまず決める必要性があります。

ブライダルリングとマリッジリングの違い

一生に一度の結婚式。女の子であればだれもが一度はしてみたいと思うセレモニーなのではないでしょうか。それに欠かせないのが結婚指輪。結婚指輪とはふたりの愛の誓いの証としてまた周囲に結婚していると知らせるための印としてとても大事なものです。

そもそも日本に結婚指輪の風習が伝わってきたのは明治時代の開国前後のことになりますが、なかなか定着することはなく、戦後、生活様式が変わり欧米風の結婚式が広まったころから少しずつ用いられるようになったとのことです。

いまや必須となっている結婚指輪ですが、ブライダルリングとかマリッジリングとかエンゲージリングという言葉でいろいろと目にすることがあるかと思います。それらはどのように違うのかと疑問に思うことはありませんか。

エンゲージリングとは結婚のプロポーズをする際に彼女に送る指輪のことをいい、日本では婚約指輪をさします。ほとんどのエンゲージリングは一粒のダイヤモンドを使った指輪が多く幸せの象徴とも言われています。

マリッジリングは結婚式で永遠の愛を誓って交わすペアの指輪のことをいい、日本では結婚指輪のことになります。

ブライダルリングというのは結婚するときに用意する指輪のことを総称してさしており、エンゲージリング・マリッジリングの両方をさす言葉になっています。どちらか片方をさす言葉ではありませんのでブライダルリングと言われたらこの両方のことをさしているのだと認識していただきたいです。

マリッジリング・エンゲージリングの総称であるならばブライダルリングはいったいどのくらいの価格になるのかと思われる方もいるかもしれません。ブライダルリングはその中身によって変わってくのです。