ブライダルリングの価格は内容で決まる

ブライダルリングの価格とデザイン重視について

ブライダルリングとマリッジリングの違い

一生に一度の結婚式。女の子であればだれもが一度はしてみたいと思うセレモニーなのではないでしょうか。それに欠かせないのが結婚指輪。結婚指輪とはふたりの愛の誓いの証としてまた周囲に結婚していると知らせるための印としてとても大事なものです。

そもそも日本に結婚指輪の風習が伝わってきたのは明治時代の開国前後のことになりますが、なかなか定着することはなく、戦後、生活様式が変わり欧米風の結婚式が広まったころから少しずつ用いられるようになったとのことです。

いまや必須となっている結婚指輪ですが、ブライダルリングとかマリッジリングとかエンゲージリングという言葉でいろいろと目にすることがあるかと思います。それらはどのように違うのかと疑問に思うことはありませんか。

エンゲージリングとは結婚のプロポーズをする際に彼女に送る指輪のことをいい、日本では婚約指輪をさします。ほとんどのエンゲージリングは一粒のダイヤモンドを使った指輪が多く幸せの象徴とも言われています。

マリッジリングは結婚式で永遠の愛を誓って交わすペアの指輪のことをいい、日本では結婚指輪のことになります。

ブライダルリングというのは結婚するときに用意する指輪のことを総称してさしており、エンゲージリング・マリッジリングの両方をさす言葉になっています。どちらか片方をさす言葉ではありませんのでブライダルリングと言われたらこの両方のことをさしているのだと認識していただきたいです。

マリッジリング・エンゲージリングの総称であるならばブライダルリングはいったいどのくらいの価格になるのかと思われる方もいるかもしれません。ブライダルリングはその中身によって変わってくのです。

Next