ブライダルリングの価格は内容で決まる

ブライダルリングの価格とデザイン重視について

石の品質

指輪、特にエンゲージリングに欠かせないのが石になります。一般的には愛が永続的に続くという意味合いで天然の物質のなかでも一番固く傷つくことおなく永遠に輝き続けるダイヤモンドが支流となっております。

このダイヤモンドも品質のランクがありそれが高いものであればあるほど高価になってきます。ダイヤモンドを品質を評価する基準に4Cといわれるものがあります。これはCut(カット)、Carat(カラット)、Color(カラー)、Clarity(クラリティ)になります

カット、これはダイヤモンドの光の屈折率を緻密に計算して施される研磨のことです。ダイヤモンドと聞いてイメージする際光輝く姿はこのカットにかかっているのです。カッティングの種類として一番有名なのはラウンドブリリアンカットです。これは丸い形にカットされており、ダイヤの美しさを最高に引き出してくれるカットになっております。ほかにもダイヤの大きさを強調するオーバルシェイプや楕円のようで先端がとがっていて石が多く見えるマーキスカットというのもあります。

カラットとは重さになります。このカラットによってダイヤの直径が変わりカラット数が高くなるほどダイヤは大粒になっていきます。

カラーとはダイヤの色味のことを言います。透明度が高ければ高いほど高価になっていきます。ただピンクやブルーなどの色のだいやはファンシーカラーとも呼ばれて珍重されていますので、色つきダイヤのすべての質が悪いということではないようです。

クラリティとはダイヤの透明度を表すものです。原石に含まれる不純物やキズ、欠けなどが少ないほど透明度はましてグレードも上がります。ここで人気があるのは肉眼では判別しにくいレベルのものです。それ以上になると顕微鏡でないと違いがわからないからです。

このようにブライダルリングといってもデザインや石の種類などでも様々なタイプのものがあり、選ぶものによって価格も変化していきます。ブライダルリングは一生涯みにつけるものになります。一番なのは上限を定めて、それに合ったデザインや石を二人でよく吟味して結婚指輪の購入をしましょう。

Previous