ブライダルリングの価格は内容で決まる

ブライダルリングの価格とデザイン重視について

素材重視

次はリングを形作るアームを決める必要があります。

アームとはリングの留め金や指を通す金属の輪の部分のことをさします。ここの部分もいろいろな種類もありますので、たとえば手持ちのジュエリーや時計とのコーディネートで選んだり、手や肌をきれいに見せてくれるデザインやカラーを選んだりします。

代表的なアームの素材としてはプラチナ・ゴールド(イエローゴールド)・カラーゴールド・ステンレススティールなどがあります。プラチナはよく聞かれる方もおおいかと思いますが、希少性が高く地金としてとても人気がある貴金属です。白色の金属になり白金とも呼ばれており、結婚指輪としてはとても人気が高いものになっております。

ゴールドはプラチナに次いで人気があります。そのなかでもぱっと目を引く黄金の輝きをもつイエローゴールドは銀や銅といったほかの金属を配合した純度75%の金でなっており、ゴールド本来の輝きをもちながらも耐久性にすぐれ、ゆがみや傷に強いのがメリットになっております。

カラーゴールドとはゴールドに様々な貴金属、銀や銅などといったものを加えることで、本来のイエローだけでなく多彩な色合いを表現できるようになりこちらも人気が上昇しております。たとえばほんのりと桜色のニュアンスがあるピンクゴールドや鮮やかな紅色が特徴のローズゴールドなど女性を中心に人気を博しております。

ステンレススティールも人気が高まってきてります。色合いなどからシルバーやプラチナと比較されることもあります。ステンレスはさびにくい・汚れにくいという意味、スチールには鋼という意味があり、熱に強く腐食や参加しにくい性質をもった金属でまた金属アレルギーのもととなる金属イオンもほとんど溶け出さないため金属アレルギーを持っている人も比較的安全に身に着けられとのことが人気の一つになっています。

Previous

Next